スキ、はじめました。

好きなことして生きていこう!と思い脱サラして陶芸始めました。陶器/写真/文章を書くこと/読書が好き。詳しいプロフィールはこちら→http://www.yukigao.com/entry/2016/09/13/112235

[SPONSORED LINK]

MENU

【生き方】「気付いたら隠し事をしている」その心理と抜け出す方法

f:id:yukigao:20161005121851j:plain

こんにちは、アラサーで脱サラしたユキガオ(@yukigao_22)です。

私は会社を辞めるとき、退職理由を隠し通しました

www.yukigao.com

退職の話をしたときは上の記事のような会話だったんですが、結局最後の最後まで「実家に帰ります」で通しました。

たぶんみんな、「きっと別の理由なんだろうな」ってうっすら思ってた。でもそれを聞かないで辞めさせてくれたのは、職場の人たちの優しさ。

私はその優しさに甘えて、自分の都合のいいように辞めてきたんです。

 

嘘をつくのは心苦しくて苦手だった

私は、嘘が上手くつけない。最初は嘘をつこうとしても、だんだん心苦しくなって結局本当のことを話してしまう

嘘って、つき通さないといけないから、全部正直に話しちゃった方が楽なんですよね。

自分が楽になりたいから、全部話して「ごめんなさい」って謝る。

それに、嘘をついている自分も嫌い。些細な嘘だったとしても、すっごく悪いことをしているみたいで自己嫌悪に陥る。

そんな状態が嫌だから、怒られてでも謝った方がいいって思ってしまう。

 

本当のことを話さなければ嘘じゃない 

でも、生きているとなんとなく「言わない方がいいかも」ってことが出てくる。それは歳を重ねれば重ねるほど、増えていく。

そうして私は気付いたら、嘘はつかないけど真実を話すこともしないっていう行動を取り始めた。

「嘘はついてない」っていう逃げ口上で、なんとか自分の心をごまかせるから。そうやって自分が傷つかないようにしてた。

会社を辞めた理由もそう。

 

実は実家に戻ろうかと思ってまして…

 

 

なんて、実家に帰るつもりはなかった。でもいざとなったら帰ってもいいと思ってた。母親が「帰ってきたら?」と言っていたのも事実。

こんなのただの言い訳で、こうやって隠し事することは嘘の一種だって分かってる。

ただ物事を穏便に進めるための手段だと、自分に言い聞かせてごまかしてた。

 

「隠し事をする」のも嘘と同じ気持ちになる

会社を辞めるとき、さすがに仲のいい友達には本当の理由を話した。

そしたら思いのほか、みんな応援してくれた。ネガティブな言葉をかける人は一人もいなかった。

f:id:yukigao:20161005115447j:plain

f:id:yukigao:20161005120041j:plain

もちろん相手を選んで話してるっていうのはある。もし職場の人全員に話していたら、私は嫌な思いをしたり傷ついたりしたかもしれない。

それでもやっぱり今、心苦しい

心底、私のことを心配してくれてた人がいたかもしれない。そう思うと、隠し事をしたまま去ったことをちょっと後悔してしまう。

 

嘘も、隠し事も、しなくていい人生に

私がこうやって隠し事をしてしまうのは、自分が傷つきたくないからなんですよね。

そして「隠さなきゃいけない」って無意識に思っちゃうのは、自分の中でもちょっと後ろめたいと思ってる事。人に話したら後ろ指さされるんじゃないかな、って思ってる事。

会社を辞めて陶芸の道に進む事、心のどこかで自分も不安に思ってた。「陶芸は食っていけない」って思ってたから、みんなに笑われるんじゃないかって。

f:id:yukigao:20161005120935j:plain

でも今思うのは、食っていけるかどうかじゃなくて、後悔しない生き方をしたい、ってこと。

物事の基準は「他人がどう思うか」じゃなくて「自分が後悔するかしないか」。

そう考えたら、何も隠す必要なんてないんですよね。自分の起こす行動一つ一つに自信を持つことができるから。

これからはもう、嘘も隠し事もしない人生を送りたい。堂々と自分のやってることを話せるようになりたい。

そのためにも、後悔しない選択を日々繰り返していくことが大切だと思ってます。

その時々に不安が残ってたとしても、「自分が選んだ道は正解だった」といつか絶対に言いたいから。

 

ユキガオ